9月1日よりアグリファームはセンコン物流株式会社のグループ企業として再出発します!

2016年09月01日

アグリビジネス起業への挑戦

今回、2016年9月1日より株式会社アグリファームはセンコン物流株式会社のグループ企業となりました。更なる躍進を目指して、多くの方に愛されるアグリ企業を手掛けてきましたが、その躍進と発展を加速するにあたって、センコン物流株式会社のグループ企業となって、目指す「農のある暮らし」を実現するため、次なるステップとして共生の考えを取り入れ躍進してまいります。

尚、組織変更に従い9月中に新事務所へ引越し致します。また、下記の住所等変更になります。

旧事務所:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町二丁目10番33号 第二日本オフィスビル内3F -7号

新事務所:〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目10番3号 仙台キャピタルタワー4階内

東北から世界へ!充実した設備と機能を誇るSENKONネットワーク

東北から世界へ!充実した設備と機能を誇るSENKONネットワーク

私たちの目指すものは、「起業家精神」です。若い方の感性と発想に基づいたこれからの会社経営を社会還元と地域社会に貢献出来る企業を目指した「学び舎」経営者を育て上げることと共に、統一した自然微生物農法を取入れ、差別化された近代農業の早期確立を図り、安心・安全はもちろん、美味しさとこだわり商品への挑戦を積極的に重視して参ります。また、全国的に初めての強化組織網を取入れた体制の仕組みを図ります。

農のある暮らし「農業事業構想」&「学び舎」の取組

農のある暮らし「農業事業構想」&「学び舎」の取組

今の生活に悶々としている方、挑戦意欲はあるけれど発揮する現場に恵まれない方へ、8項目の基本柱から成り立った経営戦略と2分類の基礎事業内容の戦術展開に挑戦する現場を提供します!

■ 8項目の基本事業の起業家構築

1. 直売所のFC化事業推進プロジェクト⇒全国に展開実施計画・立案・企画(別紙資料参照)

2. 農家のレストランFC化事業推進プロジェクト⇒全国に展開実施計画・立案・企画(別紙資料参照)

3・ IT活用事業推進プロジェクト(ショッピングモール・レシピ等)⇒インターネット・チラシ・HP・の充実

・農業界の課題解決を大学生と共に行う「連携プロジェクト」企画&運営 ・農業フリーペーパー制作&発行
・農業実施研修先の紹介 ・農業イベント企画&運営 ・その他、農業・農業経営に関わる事業支援全般(プランニング等)

4. 外商:小売・卸販売事業推進プロジェクト⇒特化した業種への販売ルート開拓・農業に対するイベント等の推進

5・ 宅配サービス事業推進プロジェクト⇒顧客ユーザー確立

6. 商品開発(ブランド化)事業推進プロジェクト⇒特化した地域のブランド化推進

7. 障害者・貧困者事業推進プロジェクト⇒民間企業・一般社団法人・NPO等の設立(農業に対する環境整備)

8. 農業生産法人事業推進プロジェクト⇒専業農業育成(契約栽培の対応)

★地域と共に!! <食糧と環境の保全> 農産物販売システム 「生産・流通・販売を一貫構築」

★地域と共に!! <食糧と環境の保全>農産物販売システム 「生産・流通・販売を一貫構築」

■ 2分類の基礎事業の起業家構築

1.有機生産者・商品配送センター事業推進プロジェクト⇒生産者の確保・有機栽培品の多種多様・出荷場・配送センターの充実

2. 加工場事業推進プロジェクト⇒加工品の充実と商品開発を補うノウハウを取得する組織体制を充実

■ 事業構築化に対する体制強化提案

1. 起業家育成に対する取組(起業家発掘)⇒起業育成アカデミーの確立(教育・研修・指導の場)

2. 農業アカデミーの確立⇒農業に意欲ある若世代の教育・研修・指導等の強化

■ 自然環境型農業を創って行きたいと思い、生き残る「共同体」を目指しております

1.活動実績:「1次産業化から6次産業化へのシフト体制」を目的とした、農業生産者個人を組織化、NPOをグループ化してきました。また、農業起業家への挑戦として、起業家構築提案を実施、農産物販売システムを兼ねたアグリビジネスを取り入れた事業に興味を持って頂ける若い世代の方に話を持って行き、多くの方に賛同いただける「生産・流通・販売」を一貫構築したビジネスモデルを築きあげてきました。

2.今後の展開: 「農のある暮らし」をキーワードに、共生・コモンズをテーマーとして地域共同体、自然環境を取り入れた、若い世代の方たちのアグリ・ファームライフにより満足頂けるよう、行政・地域団体と共に介護予防の為に「農業」を、しかも環境に配慮した有機栽培をメインとした、地産地消の商品づくりまで行っていく予定でおります。医・食・住を各々の希望にあった形で提供する企画・立案でより満足して頂ける地域の町づくりを確信しています。

3.組織の概要:地域と共に!≪食糧と環境の保全≫にアグリビジネスとしての農業生産法人&農事組合法人の組織化を「モデル事業」として確立実施、全国に広げて行く体制を創っていきます。また、自然環境型農業を取入れた「リサイクルセンター」にも力を入れた、総合的農業へと展望して行く仕組みづくりの展開を図って行きます。事業展開構想では、「農業・介護・人材活用・土地活用コンサルティング」「ハイレベルなIT技術」が可能な者をスタッフに構え、どんな局所でも対応の可能な高いサポートを提供します。

4.今後の要望:「生産・流通・販売を一貫構築」を通して、「農のある暮らし」を「礎」とし、これから都市圏に向けプロモーション活動と地域にある自然環境を取り入れた「自然環境型農業」をデザインして行きます。
5.今後の課題:地方全体として過疎化が進み高齢化している地域が多く、しかし今後は世間でも放映されているように若い世代が田舎に移住・定住できる環境を創り描いた町づくりとして行かなくてはなりません。地域での活動としては、行政とのタイアップしながら、青少年育成の為のイベントなどの実施・週末田舎暮らしにも対応した農家の意識向上の為のセミナーなど、まず地域が一つになる事を進めて行きたいと思っております。

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印に社会に貢献する活動を行なっております。

「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印に社会に貢献する活動を行なっております。

今後ともこれを機会にご支援、ご協力を宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です